エステ関係の仕事にはいくつか種類がある~転職をする人向けの情報~

エステ業界の職種を紹介

エステ業界には様々な職種が存在しています。その職種ごとに業務の内容が大きく異なるので、自分に合っている職種に転職をするようにしましょう。ここでは、それぞれの職種について紹介していくので参考までにどうぞ。

エステ業界に存在する職業

エステティシャン
脱毛やフェイシャル、ボディートリートメントなどをする職業です。体全身の美容に関するプロであり、お客さまの肌の悩みを解決する施術を行ないます。人の肌に関して詳しくなければいけないため、皮膚科学を学んでいます。また、生理解剖学という専門知識も持っていなければなりません。他にもカウンセリングも行なうパターンもあるので、カウンセリングの知識も必要になることもあります。
セラピスト
セラピストといえば、アロマテラピーやボディー系セラピストがあります。セラピストには現在多くの種類がありその中でも代表的なものがボディ系セラピストです。ボディ系セラピストは体の状態を調えるために足つぼマッサージやリンパマッサージを行ないます。体の不調が改善されるので、これまでに感じたことのない癒しを感じられるようになることでしょう。
アイリスト
マツエクをしているのがアイリストと呼ばれる人です。このアイリストが行なう業務は基本的にまつエクに関する業務のみです。アイリスト意外でいえば、ブロウリストと呼ばれる人もいます。ブロウリストはアイブロウなど眉毛周りのみを専門としている人のことです。アイリストはマツエク意外の業務を一切行なわないので1つのことに集中して取り組みたいという人にはぴったりの仕事だといえます。

転職する際はまず手順を確認

スムーズに転職をするためには、しっかりと正しい手順を踏む必要があります。手順通りに作業を進めていくことで、理想としている流れと結果を実現することができるでしょう。ここでは転職の手順を紹介していきます。

転職までの流れ

計画を考える

まずは仕事の退職を考えなければいけません。退職するのであれば、円満退職が理想的です。円満退職をすることも計画に入れておき転職先を探しましょう。転職する前には面接でアピールできるポイントがないかを考えて、ノートにメモをとると良いです。

転職活動を実施

自分が理想としている職場環境であるかどうかや仕事内容を見て良いと思った会社が見つかれば、求人媒体を利用して応募をしましょう。転職活動中の内に履歴書や職務経歴書は準備しておく必要がありますので、これらの準備が整っているかも確認してから転職活動スタートです。

面接を受ける

面接ではマナーをしっかりとチェックされます。そのため、基本的なマナーはしっかりとマスターした上で取り組むのがベストです。身だしなみもちゃんと整えておき面接にふさわしい格好をしてから面接を受けましょう。

入社準備

今所属している会社をいつやめるか相談をしましょう。上司にちゃんと退職する意思を伝えた上で、今所属している会社に迷惑にならないような日付に退職日を決め円満退職をしましょう。円満退職後は転職先へ入社手続きの際に必要な書類を早めに集めておくとよいです。

TOPボタン