エステ関係の会社で面接する~転職の際に知っておきたいこと~

エステ業界へ転職する際の注意点

面接官からの質問にはできるだけ答えられた方が良いです。面接官からの質問されることは限られています。つまり、質問に対してあらかじめ答えを考えておくことができるのです。ですから、面接の際にスムーズに応答できるよう、解答を用意しましょう。

面接時に聞かれることの多い質問

  • 入社したらどんな社員になりたいですか?
  • あなたの苦手なことや弱点は何ですか?
  • 化粧品で肌荒れをしたことはありますか?
  • どんな化粧品を使っていますか?
  • あなたにとって「美しい女性」とはどんな女性だと思いますか?

会社側に好印象を与える答え

面接では、自分の気持ちや感情を押し殺す場面も必要になることがあります。しかし、その中でも面接でプラスになりそうな感情や気持ちは押し殺してはいけません。そういう感情や気持ちは素直に相手へ伝えましょう。ここで大切なのが、正しい言葉遣いを意識するというものがあります。口調が悪いと印象が悪くなってしまいますので注意しましょう。

「この会社で働きたい」という思いを伝えよう

面接でよく質問されるパターンとしては「なぜうちの会社に入りたいと思ったのか?」というものです。事前に面接を受けるサロンの特徴や雰囲気などを調べておき、魅力に思ったところやここで働く中で自分が何をしたいのか具体的に考えておきましょう。ここでポイントとなるのが、相手が納得するような解答を用意しないということです。「何か画策しているな」と思われると印象が下がるので、情熱のある人を演じることに意識を集中した方が良いのです。どうしてもこのサロンで働きたいというような情熱さえ伝われば採用される可能性も高まります。

入社後の自分をイメージしてみよう

この会社に入社したらどのような美容部員になりたいのか質問されることがあります。このような質問は憧れだけで応募した人にとっては盲点となっていた部分でもあるでしょう。この解答に素早く答えられるようになるためには、入社した後の自分をイメージするのが良いです。そうすることで具体的な将来のビジョンを持つことができるため、質問の解答も見つけることができます。

エステへの知識と意欲を強調しよう

欲求というものはどんな動物にもあるものです。その中でも知識欲は人間の象徴のような欲求となっています。エステへの知識欲はエステティシャンとしての実力へ繋がります。また、その姿勢は意欲的として捉えられるため面接官に良い印象を与えるのです。知識があるならそれをある程度、面接でひけらかしつつ、その上で夢を語るのも良いです。もしくは、エステに関する知識がとにかく欲しいというような知識欲を全面に押し出しアピールするのも有効といえるでしょう。

TOPボタン